七五三の着物レンタルで事前に知っておきたい事・気になる料金相場とは?!

七五三は、一生に一度の子供のお祝い事なので、納得のいく着物を用意してあげたいものです。そんな時の心強い味方が着物レンタです。ここでは、七五三の基礎知識と共に、七五三の着物レンタルで事前に知っておきたい事・気になる料金相場についてお届けします。

そもそも七五三お参りの行事の由来とは?

「七五三」とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の行事のことです。七五三の由来は健康を祈って始まったとされており、11月15日に神社などに詣でる行事で、現代においては日本全国で盛んに行われています。3歳「髪置(かみおき)」では男女ともに行う儀式でこの日を境に髪を伸ばし始め、5歳「袴着(はかまぎ)」では男児が初めて袴を着ける儀式、7歳「帯解(おびとき)」では女児がそれまで着用していた幼児用の付紐をやめ大人用の帯を締める儀式を行います。
また、七五三に欠かせないものとして「千歳飴(ちとせあめ)」があります。これは、長寿の願いを込めて細長くて縁起の良い紅白で着色されている飴の事です。また、千歳飴が入っている袋には、鶴亀や松竹梅などといった縁起の良い絵柄が描かれています。

子供だけ正装でなく両親もフォーマルな装いがマナー!

まず、兄弟姉妹がいる場合は、齢にこだわらずに一緒に七五三を済ます事も多いですよね。当日の流れは、まず、家族で記念撮影を行い神社で参拝します。その後、祖父母なども一緒に外で食事をするのが一般的です。そして、子供の服装に関しては着物が一般的となります。また、洋装の場合に、入学式などの他の行事に着られるものを新調するケースが多いです。他にも、別の日にドレスやタキシードなどを着て写真撮影を行い、当日のお参りに着物で行くと言うケースもあります。その際、子供が着飾っているのに付き添う大人がカジュアルな服装では違和感があります。なので、両親も子供が和装であれば無地の着物、洋装ならスーツなどを着用しフォーマルな装いを心がけましょう。

七五三参りの日程の決め方とは?

七五三を祝う正式な日取りは11月15日ですが、現在は10月~12月頃に行う家庭が増えています。両親の仕事の都合や祖父母とのスケジュール調節などで、11月15日当日にこだわらず、秋の吉日の週末を選ばれる方が多いです。しかし、週末はやはり混み合うので、ご祈祷の待ち時間も長くなる場合があります。なので、都合がつくなら平日のお参りがお勧めです。混雑していない境内は歩きやすく、写真撮影もゆっくりでき、子供のペースや万が一のトラブルにも対応しやすくなります。

また、七五三撮影の日取りやレンタル衣装の予約日などから、参拝日を決める場合もありますが、平日割引をしているお店もあるので、予算の面から日取りを考えてみるのも一つの方法です。日取りを決める際には、「六曜」を参考にされる方が多く、六曜とはその日の吉凶や運勢などを表す暦注の1つです。「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類があり、大安は慶事を行うのに良い日とされていますが、時間帯によっては他の六曜も吉日となります。

七五三の準備はいつから何を始めるの?

2~3ヶ月前から準備を始める

七五三の準備を始めるのに、一番良いとされている時期は、半年前からと言われています。
半年前と言うのは、七五三の日に向けての情報収集の期間として有効に使う期間になります。予約を必要とする写真館や神社などは、遅くても2~3ヶ月前には日程を押さえておくのがお勧めです。

洋装か和装にするかを決める

七五三の直前になって「着るものがない!」とならない為にも、早めの予約をしておきましょう。人気のデザインや柄は、半年前から予約をする方もいるので、借りられない場合もあります。なので、直前になると種類も限られてくる可能性が出て来る為、お目当てのデザインや柄が見つかったら即座に押さえておく事がポイントです。

写真撮影はどうするかを決める

七五三の写真撮影は、当日に撮るか別日に撮るかを早い段階で決めて、写真館などに予約をしておきましょう。有名な写真館などでは、10月~11月の写真撮影のピーク時には予約が取れない事があります。なので、七五三をしっかりと写真に残したい方は、2~3ヶ月前から準備してくと安心です。

美容院の予約をするかを決める

自分で衣装を購入し準備した場合は、美容院予約が必要です。写真館で衣装レンタルした時に、当日の着付けやヘアメイクなどをしてもらえるのであれば、美容院予約は考えなくても問題ありません。

ご祈祷をするかを決める

七五三の当日に参拝する神社を決め、ご祈祷(きとう)する場合には予約が必要です。一般的、自宅から近い神社を選ぶ方が多いですが、特に場所に決まりはありません。また、ご祈祷をされる場合、ギリギリ予約でも受け付けてくれる所もありますが、なるべく9月中旬~10上旬までに予約しておくのがお勧めです。ご祈祷する際の初穂料は、約3000円~10000円が相場となっています。

七五三の着物レンタルの相場とは?

七五三の参拝時には、子供は着物を着るのが一般的です。しかし、子供の着物と言うのは、成長して直ぐに着る事ができなくなるので、レンタルするのがお勧めです。また、子供が着物を着ているのに、親が洋服というのも見た目的にアンバランスになります。特に、母親は子供が着物を着るのであれば、子供と合わせて着物を着るのがお勧めです。
七五三の着物のレンタル料金相場は、3歳女児で約7000円~8000円、5歳男児で約9000円~10000円、7歳女児で約9000円~12000円程度となっています。ただし、これらはポリエステル着物の場合になります。正絹着物の場合になると、価格相場は約2万円~4万円程度となっています。

七五三の着物レンタルのメリットとは?

着た後のお手入れは必要無し

着物を着た際に欠かせないのが、着用後の着物の手入れになります。着物を陰干しする、汗ジミ・食べこぼし・ハネなどのチェックをするなど、メンテナンスが必要になります。例えば、自分で着物購入した場合には、これらの着物の手入れを怠ってしまうと、折角購入した大事な着物にカビや変色などのトラブルが起こってしまいます。しかし、レンタルの場合であれば、着物の着用後に自分で特別に手入れする事も不要なので楽ちんです。着物の扱いに慣れない方、後片付けなどの手間を軽減したい方には、レンタルは大きなメリットです。

早めの予約なら着物の選択肢も広い

近年、着物レンタルの需要が上がってきており、レンタル着物を扱う店舗や着物の在庫数も伸びています。七五三レンタルの予約受け付けに関しても、早期から予約可能になっている店舗は多いので、早めの予約でお気に入りの着物を押さえておく事もできます。七五三を行う日取りが早めに決まっている場合、早期予約で様々な着物の中からお気に入りの一点を一足先に見つけてキープしておけます。

購入するより価格がリーズナブルでお得

七五三の着物レンタル料金は、着物の質・セット内容・コース内など異なってきますが、自分で一式購入をする場合に比べれば、レンタル着物の平均相場はリーズナブで経済的です。多くのレンタル着物店舗では、レンタル料金の中に既にクリーニング料金・保証金などが含ませている点も嬉しいポイントです。なので、着物を汚してしまったり破いてしまったりと言うようなトラブルが無い限りは、クリーニング料金や修理費の心配も不要です。